探偵

浮気調査証拠集め・探偵事務所おすすめ

 

 

 

 

 

私も会社に所属する探偵として長年やってきましたが、比較的件数の多い仕事といえば浮気調査でしょう。証拠を押さえるためにはそれなりのワザとカンを要求されます。ドラマのような展開はないですが突発的事由も多いですから、即座に判断して行動する応用力も必要です。浮気の場合は相手もいることですし、あくまでも内密に調査を遂行しないと依頼者に不利益をもたらしかねませんので、最大限の用心をしつつ調査につくのが大事です。

 

信頼と安全の確保に手抜きはありえないのです。
配偶者に浮気をしていることがバレたときは、必ずというわけではありませんが、慰謝料が発生すると思っていいでしょう。
浮気の証拠を提示されてしまえば、やっていた方は明らかに分が悪いです。

 

慰謝料の額は実際、500万位のこともあれば、100万にも満たない金額など、大きな違いがあるようです。

 

自分に払える額でなさそうだったら、分割期間の変更や減額を頼んでみることはできます。
結果、条件変更してもらえた人もいるようですよ。興信所と探偵。何か違いがあるのではと思う人もいるようですが、現代ではその違いはこれといってないと思って良いでしょう。

 

 

どちらも探偵や調査を取り扱っているところは変わりませんし、公安委員会への申請義務がある点も同じです。
ですから、不倫の調査をしてもらう分には、同じものと思っていただいて支障はないですし、裁判の証拠として差が出るわけでもありません。

 

 

もっともジャンルごとの得手、不得手は、事業者ごとに特徴があるため、依頼する前に確認しておいた方が良いでしょう。

 

知らない会社に行っていきなり相談するのは、いくら探偵社といってもちょっと気がひけますよね。

 

本名を名乗るのが不安なら、名前を明かさずに相談できる会社もあるので、うまく活用して、手応えが良い感じであれば、本名で詳細を相談することもできるのです。
探偵社への支払いは現金だけしか受け付けないかというと、最近は結構多様化してきていて、全国展開している大手などでは代金の支払方法にクレジットカード払いも用意しています。

 

 

 

明細書の記載に配慮した業者も少なくないですから、調査をしたことがパートナーにバレる心配も要らないでしょう。
クレジットカード加盟店になるには審査も必要ですし、信頼度のちょっとした目安にもなると思いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所

 

 

 

 

 

◎43年の調査実績・解決実績100,000件以上 探偵業界最大手の原一探偵事務所◎

 

 

 

「浮気調査」 「人探し」 「ストーカー対策」 「いじめ調査」 などを扱う総合探偵社

 

 

 

探偵業界で日本最大級の調査員数!社員数100名以上
(10年以上のベテラン調査員が多数在籍)

 

 

 

東京都弁護士協同組合の特約店
(※法廷では法律に違反した証拠は証拠としてみなされません)

 

 

 

全国主要都市に18拠点の全国ネットワーク

 

 

本社・川越

 

 

札幌・仙台・水戸・高崎・千葉・大宮(埼玉)・日本橋・新宿 (東京)・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・岡山・松山・広島・福岡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.haraichi.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街角相談所 -探偵-

 

 

 

 

 

 

初めての探偵探しに不安な方も匿名で費用見積もり

 

 

 

 

 

最初から探偵社・興信所への問い合わせに不安のある方へおすすめ

 

 

 

 

 

全国100社の興信所よりお悩みに合わせた探偵を紹介

 

 

 

 

 

他社のお見積もりより安い探偵を見つけるお手伝いも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気診断シミュレーター・匿名相談 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

http://hello-tantei.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社

 

 

 

 

 

 

ネットでできる・完全無料の浮気解決シュミレーターが好評のHAL探偵社

 

 

 

 

全国無料出張・即日対応も可能

 

 

 

 

 

 

業界初の完全成功報酬・後払い支払 (初期費用0円)

 

 

 

 

 

 

相談料0円・匿名OK

 

 

 

 

 

 

調査完了後最短3日で証拠資料のお渡しも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://hal-tanteisya.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS

 

 

 

 

 

 

浮気調査・人探し・いじめ調査などを扱う総合探偵社TS

 

 

 

 

TSの強みは・・・・・・

 

 

 

 

 

◎24時間365日 無料相談・見積受付

 

 

 

 

 

◎北海道〜沖縄まで全国対応

 

 

 

 

 

◎安心の料金設定(分割払い、カード払い可)
独自の調査料金体系を導入。調査は1時間単位から依頼することが可能

 

 

 

 

 

 

◎法律専門家の起用・警察OBも在籍

 

 

 

 

 

 

夫婦カウンセラーの資格を持つ調査員が、離婚あるいは復縁までご依頼者様のお考えをお聞きし
適切なアドバイス

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所

 

 

 

 

 

 

◎全国対応可能

 

 

独自のネットワークにより、北海道から沖縄まで全国で調査可能

 

遠方にお住まいの方も対応可

 

 

 

 

◎相談だけでOK

 

 

 

 

◎現場で経験を積んだ調査員

 

対応する調査員は当社の探偵学校で基礎を学び実践経験のあるスタッフ在住

 

探偵に必要な撮影技術や尾行術といったスキル・法律の知識にも精通

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所  詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子育てが落ち着き、周りも勧めるのでパートを始めたんですけど、週一で店に来るエリアマネージャーさんに告白されて、つい浮気したんです。
子供が手を離れるまで、どっぷり主婦をやっていた私は用心が足りず、最近、様子が違うと、すぐ主人にバレて、先方の奥さんや勤務先の知人などから裏付けをとられ、私のほうは慰謝料請求された上、離婚するという結果になり、後悔しています。

 

 

 

興信所に調査を依頼する際に確認しなければいけないのは、支払い面でのことです。

 

 

 

調査によって代金の相場はないわけではありませんが、依頼の詳細によって差が生じるのは致し方ないことでしょう。
不倫の調査とかでしたら、1時間前後の調査を依頼したときの中央値は、だいたい2万円ぐらいです。

 

 

実績とつり合ってこそ支払う価値があるのでしょうし、業者に相談して見積りをとるのが最も簡単で、具体的な回答が得られると思います。不倫は家庭も人も壊します。そのような中で傷ついた人の心をケアをしてくれる専門のカウンセリングがあります。
プロですから心理的な負担がかかることはありませんし、心の傷を癒し、前進していけるのです。浮気によって離婚しても異性に距離を置くようになったり、自分の人生なのにポジティブになれないという例も多いです。もし離婚せず、夫婦関係の修復をはかる際も、カウンセリングが効力を発揮すると思います。

 

 

 

配偶者の行動追跡調査で探偵社を利用すると、相手にバレたりしないか心配になりますよね。

 

 

 

ただ、探偵は便利屋と違って専門家ですし、気付かれるような可能性はほとんどないと思っていいでしょう。

 

また、これは大事なことなのですが、浮気調査を依頼したあと、クライアントの挙動がいつもと変わった結果、相手が用心してしまうというケースもあります。

 

 

調査が完了するまでは、普段と変わらないようにしてください。

 

過去には安い探偵というのは使い物にならないと言われていた時期もあります。

 

手抜きをしたってお客にはわからないからです。でも、今は違います。
インターネットが普及し、調査内容の信頼度や請求などについても利用者の口コミなどを見ればわかると思います。

 

値段の安さだけに釣られると失敗しがちですが、高額なのにそれに見合っていない業者に依頼したってしょうがないので、実力と料金のつり合いがとれた会社を見つけ出すしかないのです。
不倫がわかり、慰謝料請求や離婚の裁判をする場合、まず必要となるのは浮気の証拠でしょう。よくあるものとしては、二人の間に肉体関係が強く想定できるような手紙やメール類や、配偶者とその相手がホテルから出てくる写真や、変わった例では不倫相手と交わした誓約書などがあります。

 

スマホが普及したことで、メール以外にもラインやSNSを証拠採用する例もあります。

 

 

世間的には離婚した際、不倫していた親のほうは子の親権をあきらめなければいけないと思っている人が少なくないようです。でもそれは、絶対的なものではないのです。親権というのは原則的に、日常的に子と生活を共にしているかとか、子供を育てることに協力的だったかどうかなどを考慮します。要は子供を中心にして、どれだけきちんとした生育環境なのかが優先されると考えて良いでしょう。最新技術の普及により、浮気しているかもしれない人の居場所をGPSで容易に把握できるようになりました。調べたい相手にGPS搭載のスマホを使用させることにより、ほとんどリアルタイムでどこにいるかがわかるのです。非合法な方法ではありませんし、独力で浮気を発見するにはGPSが役立つかもしれません。初めて探偵社に相談するときは、ちょっと気がひけますよね。
もし最初から実名で相談することが不安というのであれば、名前を明かさずに相談できる業者も少なくないですし、とりあえずそこで相談し、信頼できそうなところだと感じたら、本名を伝えて詳しい話を詰めていくというふうにもできます。

 

探偵がしている仕事(行動)として、ほとんどの人が尾行を想像することでしょう。密偵という言葉があるように、相手に気づかれずに行動を見守り、依頼人の求める証拠を見つける調査です。

 

察知されることが極めて少ないよう訓練されていますが、調査員は対象の動きを予測しておかなければなりません。

 

想定外の行動をとったから失敗したでは済まされないのが、この仕事なのです。探偵社に任される仕事というと、その大半は不倫関連の調査です。

 

どのように探偵が調査しているのかを、不倫調査を例におさらいしてみましょう。調査方法の基本としては、勤務先や居住地といった個人情報をベースに、調査対象の追尾を行います。

 

 

四六時中尾行しても気づかれるリスクが高く無駄骨なので、不倫の可能性が高そうな日(時間)を狙って不貞行為の証拠を入手します。どんなものにも支払いはつきものですが、探偵に不倫調査を依頼する人にとってその料金は、気にするなというほうが無理でしょう。

 

 

このごろは、調査業務に関する相談は無料という事業者も増え、費用のわからないまま契約するなんてことにはなりませんが、悪どい商法や詐欺まがいの会社にひっかかる懸念があるなら、先方の営業所は避けて、一般人の往来が多い喫茶店やファストフード店などで懇談するのも良いと思います。

 

 

 

不当な契約の強要を避けることができます。

 

 

 

昔はどうあれ探偵事務所と興信所の仕事は違いがありません。共によく扱うのは、相手方の不倫を理由に離婚するなら、確実に浮気した(している)証明というのがなければ立証できず、不満足な結果に終わってしまいます。

 

しかし一般人がプロ並みの証拠をゲットするのは困難ですし、やはり興信所や探偵社などを使うほうが、離婚する際に、手間も時間も節約できるでしょう。離婚だけでなく慰謝料を要求するときだって役立ってくれることでしょう。気が付かずに使っている方も多いですが、不倫と浮気はちょっとした違いがあります。
浮気と違って不倫は、「配偶者がいる」のにもかかわらず、肉体的な交渉がある場合をさします。

 

 

 

ですから不倫の場合、相手にも配偶者にも慰謝料の支払いを申し立てることができます。相手が油断している間がチャンスです。探偵業者に依頼して、不倫の裏付けをとってもらい、賠償請求を相手に突き付けることにより冷水を浴びせかけ、すっぱり手を切らせることにも役立ちます。

 

探偵は相談を受け付けますが、話をするのが仕事ではありませんので、作業には支払いが必要です。
それに、依頼する調査の内容次第で料金は異なります。素行調査ひとつとっても、短時間で済む場合もあれば、その逆もあり得ます。期間、季節、時間帯などによっても料金に差は出てくるので、普通に考えて、長時間となる作業なら、必然的に費用は多くなります。

 

 

不倫の理由にしばしば挙げられるのは、結婚から時間がたって新鮮味がなくなったという自己中心的な感情です。恋愛していたときの高揚感をもう一度得たいという衝動が浮気へと走らせるようです。浮気を未然に防止するために、双方の言い分を尊重し、お互いに我慢したり苦しいと感じていることは何かを確認しあうのが必要ではないでしょうか。

 

 

自分でなく、職場の同僚のことなんですが、彼の妻が元カレと不倫していて、その浮気相手に対し訴訟を起こしたいと思っているみたいです。

 

でもそうなったら訴訟費用なしにはできないでしょうし、ならいっそ、浮気の歴然とした証拠というのを見せてやって、相手には慰謝料を要求し、一切のコンタクトを今後は禁止する(ペナルティも考える)なんてどうかと提案してみました。

 

 

スマホの普及でSNSを利用する人が増えていますが、便利に使いすぎて浮気がばれてしまったといったケースが増えています。常にスマホを気にしたり、SNSをたびたび更新していたら、すでに連絡先を交換済みの相手とコンタクトを取っていることも考えられます。SNSに関わる相手の態度というのは、ある意味、浮気の指標と言えるかもしれませんね。探偵を雇って配偶者の浮気調査をしてもらうには、それなりの代金がかかることを覚悟しなくてはなりません。

 

平均的な調査料金ですが、具体的には不倫の行動調査の場合、1日4万円位、それに日数を乗じた金額が必要です。

 

時間と日数、依頼内容によって請求額は変動しますので、何を依頼するにも50万強で予算どりしておけばとりあえず安心です。

 

普通の生活では興信所や探偵を使う機会はないものです。

 

浮気調査をしてもらおうと決めたところで、依頼先選びに苦慮するのは一般的なのではないでしょうか。

 

 

探偵業務を行うには、所轄の公安に届け出を出し、申請が通ると所轄の公安委員会の名前で認可番号が交付されるので、まともに届出を出している会社なのかは、この番号を見れば確認できます。つまり、業者のウェブサイトに許認可番号があるかどうかはチェックするべきです。探偵を頼むなら、能力の高いところに依頼したいものです。

 

どんなところが高い技量を持つかというと、会社の大きさによる違いも無視できません。

 

 

 

全国各地を営業エリアとしているところは、調査用の資材や方法などについて最新のノウハウを持ち、時代の移り変わりに合わせた改善を繰り返しています。
また、大規模な業者では探偵や内勤職員のトレーニングや精度アップに熱心であり、必然的に仕事の品質にも反映されているように思えます。

 

 

 

配偶者の浮気の兆候に気づいた際は、ぜったい裏付けをとるべきです。不倫行為の証拠といえば、やはり、写真でしょう。
誰が見たって浮気だとわかるものが良いのです。個人が不倫の尾行をしたり、裁判や慰謝料の要求に役立つような裏付け資料を手に入れるのは困難でしょうから、その道のプロである探偵を利用することも考える価値があるのではないでしょうか。
不倫の双方が既婚者である場合、浮気をやめようと思った理由には、パートナーとの間に子供ができたり、あるいは欲しがられたからというのが実に多いのです。裏切っていることに対してあらためて後ろめたさを感じるようになったり、将来が見えない浮気という繋がりに嫌悪感を感じたり、うっとうしく思ったりもするようです。

 

 

それと例えば、転勤とか家族都合で会う時間がとりにくくなったりすると、ここぞとばかりに別れを切り出すきっかけになるのです。浮気の定義は、やはり人によって違ってきます。
異性の中では常に自分を最優先しなければ浮気扱いする人もいれば、身体的な接触が少しでもあれば浮気扱いする人もいますからね。法的には配偶者以外との性的な交渉があれば、それだけで「不貞」となります。

 

 

 

まあ、結婚生活に波風を立てないためには、浮気を連想させる行為やメール、SNS上のやりとりは控えるべきでしょう。

 

 

探偵に調査を依頼するときには、標準的な料金というものを知らないと、見積書を見てビックリなんていうこともあるでしょう。2時間の調査で2万円超は計算しておくと間違いありません。仮に尾行の日数を増やそうものなら、費用はかさむので、金額が心配なら上限を限っておくといいでしょう。

 

 

素行調査や不倫の追尾調査などを探偵に頼むと、映画やドラマの探偵のような手法でターゲットの調査にあたることもあります。追尾調査、張り込みは基本ですし、交友関係を絞っていき、妥当であれば交友関係者に聞き取り調査などもして、それでいて怪しまれない方法を身につけています。
それに、あくまでも企業秘密で、クライアントでさえ知ることができない調査方法もあるとも言われています。探偵業者の職員になるには、普免はあったほうが良いかなという程度で、特に資格は不要です。しかし、不貞行為の調査などで成果をあげるには、相応の能力や習熟が必要でしょう。

 

スタッフの育成に余念がない会社もありますが、ひどいところでは実務経験がほとんどないバイトが調査するなんていうのもないわけではなく、注意が必要です。金銭という対価に合った仕事ができる探偵が担当すること。

 

それが、成果につながるのは言うまでもありません。アラサーの会社員です。
同い年の妻がいますが、子供はまだいません。先週末に突然、まさかの不倫発覚。妻はしれっとしたもんで、謝罪の言葉もなにもありませんでした。このままやっていく自信がありません。

 

 

 

妻から傷つけられるとは思いませんでした。

 

このままなかったことにするつもりなら、私にも考えがあります。
浮気していることがわかっていても、ガードが堅い場合、不倫の証拠を自分で見つけるのは無理というものです。

 

ただ、証拠さえあれば、離婚するしないにかかわらず、うまく話を進められるので、けして無駄にはならないはずです。

 

これは浮気しているなと気づいたら、裏付けをとるよう探偵社に依頼すると良いのです。いくらか出費は覚悟しなければなりませんが、二人で一緒に写っている写真や動画といった、しっかりとした証拠を揃えることができます。
もし配偶者が浮気していた場合、代償として慰謝料を求める権利があります。

 

もっとも、自分たちだけで話しあおうとすると、意地の張り合いになり、話がややこしくなりがちです。ことによると裁判に発展するケースもあるので、弁護士を頼んで無理のない問題解決を図ると負担も軽くなるというものです。