【クラクラ】もうちょい強いマジクランに生まれ変わるために、クッション挟みます。

クラクラ

ガチクラン?マジクラン?なにそれ…という方はこちら。

うちも定義的にはマジクランで、マジクランの中でも下位くらいかなぁと思っています。

というのも、一応徹底していることが唯一つ。
二回攻撃必須。これだけ。

th8が主体だった頃まではこれで勝てていたんですが、最近th9の数が二桁になり負けが嵩み、正直このままだと負け続けてヤバいことになる…と危機感が募ってきているので、そろそろ抜本的な改革に着手しなければいかんなと。

そういう訳で、th9の新規加入者や既存のth9メンバーで同格星2・格下星3が取れない人に対してはもう少し厳しく接することにします。

今までの施策:二回攻撃必須のみ。戦術、結果などの内容までは鑑みない。
これからの施策:戦術は星2が安定する陸軍を推奨。結果も評価したメンバー選定を行う。

th9を全体的に底上げできれば…という狙いがあります。
th8以下は、今まで通り。

ワンクッション入れる

以前、こちらの記事でも言及しました。

新規メンバーは実力が未知数なので、慎重に見極めようという内容です。

今思うこととしては、th9の新規メンバー1人のパワーバランスで結果が容易に変化してしまうということ。それだけ影響が大きく、どうにかしなければならない課題です。

th9はマッチング係数がでかくなり、相対的に相手が強くなります。それなのに攻撃力まで低いとヤバい。ダブルパンチ状態。

th8主体のクランで勝てていた頃とth9が主体になりつつある現在で、この差異はひしひしと感じています。特にth9は星が安定しないので、新規メンバーに星1を連発されるとつらい。

そこで彼らにはいきなり対戦に参加してもらうのではなく、まずはリプレイをあげてもらい、実力が評価できれば対戦参加へ…というようなクッションを挟むことにしました。

特にうちは入れ替わりが激しいクランで、th9の固定メンバーもまだまだ少ない状態なので、この手法が有効に感じます。旅人歓迎ですし。

コミュニケーションが生まれる

リーダーがなあなあだと、星を取りこぼしたとしても、なんとなくの注意で終わらせてしまいがち。

それがリプレイをあげてもらうことで交流が生まれ、自然と戦術など個々人のバックグラウンドが見えやすい状態になっていくのではないかなと思います。今更だけど…。

個々人の特性を把握して、場合によっては対戦のメンバーも選定することで、やる気のあるメンバーを優遇できればと思います。

特にth9は実力の幅が大きく、ピンキリですよね。
個体差が激しい(失礼)ので、逆にあまりアタックが上手くない人に対して有効なレクチャーができれば、貴重な戦力になることも期待できます。加入した直後に実力が測れなければ、なあなあでズルズルと何も言えないまま引き伸ばしてしまうということにも繋がりかねないので、最初にきっちり見極め、ダメな点については指摘してあげるのが良いかと思います。

th9は育成ゲー

育成というのはファーミングという意味ではなく、一人前のアタッカーに育て上げるといった意味合いです。

というのも、th8までは自由にやらせておけば勝手に伸びるんですよね。今までの経験上。それが、th9は放置したままだと実力が一向に上がらないという違いが出てくるように感じます。

そこで、一から育てるではないですが、育成していくという視点を持つこと。
機械の部品ではないですから、ダメならポイッとはあまりしたくありません。上手くアタックできるようになってもらうことに越したことはないので、そのための手助けはしたいと思います。

th8まで:放置してても勝手に伸びる
th9:育成視点で、戦術をレクチャーする必要性がある

まとめ

対戦参加までのハードルを作ることで、それなりの基盤を作ることができるのでは…という内容でした。

まだまだ未知数の部分が多いですが、とりあえず負け続けの状況は脱出したいなと思います。直近10戦で3勝1わけ6敗はヤバい。

The following two tabs change content below.

コメント

  1. トーリョー より:

    ikky様

    本日、こちらのBlogにご紹介頂きまして大変ありがとうございました。

    丁度、当クランも同じ状況ですね(^^;;

    大変ですが、ここを乗り越えれば次の展望も見えるのかなと思います。
    応援しております。お互い頑張りましょう(=゚ω゚)ノ

  2. ikky ikky より:

    どういたしまして!
    アクセス微量しか流せないと思いますが…。

    今後も懇意にお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。